2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.25 (Fri)

久しぶりに逆関節二脚ロボを組みました

今回の記事、諸事情により、ちょい長めです。

前回、ロボ組もうとして宇宙船になっちゃったアノ子を、当初の予定どうりロボに大改修。
胴体フレームは完成していたのと同じだったので、宇宙船の外装関係をひっぺがして新たに腕、脚フレームを増設すればスンナリいくだろうとか思っていたんですが、予想外に難産でした。

というのも、職場にアニメ好きな方がいらっしゃいまして、その方と話しているうちに「あぁ~、組みかけのあの子はもっと突っ込めるんではないか??」とか思ってしまったのが運の尽き。

その方は『キャラ萌え』という感性を持っていらっしゃいまして(萌えの使い方がよくわからんが、あってるのだろうか??)対して僕と言えば『メカ萌え』という感性を持っているみたいです。
いや、僕の場合『燃え』と言いたい。

で、その方との異文化(?)コミュニケーションを重ねるうちに、僕の方からも僕の燃えるメカを提案しなけりゃねぇ・・・といった具合になりまして今回に至ります。

前置きが長くなりましたが、今回のテーマは『僕がハァハァいうのはこんなメカ』です。
出来上がりは・・・・

【More・・・】

こんな感じ↓
lwb006ssog01.jpglwb006ssog02.jpglwb006ssog03.jpglwb006ssog04.jpg

基本構成は以前組んだこの子とかのシリーズと、そう変わっていませんが7707: Striking Venomで手に入った大型クリッカブル関節を膝に仕込んだおかげで脚部の小型化に成功。
このパーツの並列二連の保持力はハンパじゃないです。
全高にして2/3程度にまでなりました。
重量軽減のおかげで踵にゴムタイヤ仕込まなくても自立します(かなりギリギリですが
バランスがタイトなおかげでほとんどポーズとれないのが玉に傷。

で、今回のテーマとして僕の燃えるポイントを挙げてみる。

その1:人型を基とするが、人間の骨格からは逸脱した各部の構成
lwb006ssog06.jpglwb006ssog07.jpg

関節数や位置、各パートのバランス等が人間っぽくないのが好き。

その2:武装
lwb006ssog19.jpglwb006ssog20.jpg

まぁ、武装の無い建機系メカもヨダレものなんですが、力強さの記号としてやっぱり武装してるのが好きです。
建機系ではショベルやバケット、シリンダーアーム(後述)等がこれに類するかと思います。

その3:メカメカしさ
lwb006ssog05.jpglwb006ssog21.jpg

上でも書きましたがシリンダーや、ギア(この子には無いですが)等のメカ特有のディテールが好き。
これも力強さの記号だと思います。
実在のメカのピカピカと輝くシリンダーなんかは失禁しそうなくらいカッチョイイのです。

その4:有人仕様
lwb006ssog15.jpglwb006ssog17.jpglwb006ssog16.jpg

基本的に人が操縦するメカが好き。
例外的にワラワラと湧いてくる無人ザコメカなんかは好きですが、やっぱり主役張るようなメカにはパイロットがいてナンボだと思います。
メカの性能+パイロットの技量+α(気合いとか根性??)がロボの強さのヒミツだと思ってます。

その5:設定
今まで組んだメカ達ですが、実は全ての子に設定があります(僕の脳内だけで完結していますが
今回はテーマ上、書かない訳にはいかなそうなので、当blog初のメカ設定公開。

型式:LWB-006
製造:UESUGI HEAVY INDUSTRY
種別:二足歩行型対戦車車両
全高:14m
重量:35t
主兵装:120mmリニアキャノン
副兵装:八連装ミサイルポッド×2、四連多目的ランチャー×2
乗員:一名(支援AI一機搭載)

既存主力戦車等の駆逐を目的に開発された二足歩行型戦車。
左右両下腕部は武装プラットフォームとなっており、作戦に応じて多様な兵装が存在する。
二脚機構による踏破性、俊敏性に優れ、砲撃をかわしながらの戦闘が基本となるが、二脚直立というスタイルから敵主力戦車の砲撃が直撃した場合、一激で大破することは言うまでもない。
運用上、上空からの味方航空機の支援は必須である。
余談であるが、上下半身を繋ぐ特徴的な構造により、歩行及び走行時には上半身の上下運動は無く、移動する様は異様であり、また滑稽でもある。

といった感じ。
あぁ~恥ずかし!!
脳内設定を吐露するのがこんなにハズいとは・・・・・
多分、もうやることはないと思います。

見て頂きたい方がちゃんと見てくれるといいんだけど・・・・・
とりあえず僕はこういうものに日夜ハァハァ言ってます(泣


他の画像はBrickshelfに置いてあります。
スポンサーサイト
EDIT  |  00:37  |  オリジナルLEGO作品  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

Comment

izzoさん、どうもです。
いやぁ、そんなに褒められると木に登っちゃいそうですよw

>・・・ぶっちゃけ本音は超悔しい(笑。
ぶっちゃけこれが一番うれしかったりww

>これは全く同感です♪
やっぱり鉄と機械油の匂いには、こっちの方がしっくりきますよね。

そうそう、見ましたよ~フィギュア王!!
おかげで4作全弾発射という暴挙に踏み切ってしまいました(>_<)
kwi-chang |  2007.05.29(火) 00:46 |  URL |  【コメント編集】

追 :

>燃え
これは全く同感です♪
izzo |  2007.05.28(月) 21:16 |  URL |  【コメント編集】

Mokoさんの仰るようにホント傑作ですね。
頭からつま先(この足!!!)から銃に至るまで、カラーリング,ディテール,テクニックと伺えるバランスが、どれも近年レゴメカ最高クオリティです。
もうむしゃぶりつきたくなるほどカッコいいです。ハァハァ。


・・・ぶっちゃけ本音は超悔しい(笑。
izzo |  2007.05.28(月) 21:14 |  URL |  【コメント編集】

将妓さん>
どもども。
いやぁ、ステキコメントありがとうございますw
この子の事、気に入って頂けたみたいで、共通項が段々とわかってまいりましたよ。

>なんか脳の使ったことのない部分を使った気分です。
いやいや、僕もですからw
異文化コミュニケーション、しっかり成立してますよww

MoKoさん>
いやぁ、褒めちぎって頂いてありがとうございます。
胴体部は以前の構造から、も少し詰められるかなと試行錯誤した結果なので、そこを見てもらえて嬉しいです。

>これが「ハァハァ」なのですね。(笑
はい、これが僕なりの『ハァハァ』ですw

MoKoさんの新作ロボも楽しみにしてますね~。
kwi-chang |  2007.05.25(金) 23:52 |  URL |  【コメント編集】

驚きました~。
滅茶苦茶格好いいです!
特に胴体が堪りません…!
今までのkwi-changさんのメカで一番シビレました。
これが「ハァハァ」なのですね。(笑
Moko |  2007.05.25(金) 19:26 |  URL |  【コメント編集】

こんばんわ、キャラ萌えの人です。
お邪魔いたします。
コメいただいたんですっ飛んできました。
脳内垣間見せていただきましたっ
全然恥ずかしくないですよ。

えっと…難しいことはよくわからないのですが…
すごいですね、たぶんkwi-changさん知らないと思いますけど、kwi-changさん寝てる間にこの子14mになって大暴れしてます。

頭的な突起が上にないのがカワユイです。お腹が細くてコワイです。
勝手な妄想ですが、こういう子はウランちゃんに宝物のシールを貼ってもらえるとうれしいと思います。(キャラ萌えの人発言)
なんとなく私のイメージではロボは絶対的にメカなんで顔は自動車程度の感じがやっぱりいいですね。
そしてあんまりこれトッキントッキンしてなくて好きな感じかも。
あと前の作品だと弁慶の子と多脚の子が好きです。

…なんか脳の使ったことのない部分を使った気分です。
ど素人(じゃなくてジャンル外)が長文コメント失礼いたしました;
異文化コミュニケーション、成立してますか!?

(あと、ウチのほうにもレスしときますんで…)
将妓 |  2007.05.25(金) 01:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。