2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.04 (Sun)

LEGO ROBO SESSION九手目(投了?)でございます

LEGO ROBO SESSION、三周目が回ってまいりました。

まずは、前二手分の感想。
第七手:両肩・両上腕部(制作者izzoさん)
かなりアクロバティックな組み方に目から鱗(と同時に5ポッチ在庫に不安が・・・・
アーチパーツを使った疎密感がステキです。

第八手:両下腕部(制作者Mokoさん)
なんといっても左手の武装がステキ&よくこんな組み方思いつくなぁと関心。
手首のスケール感も頭部同様に秀逸です(僕はこの辺でスケール破綻をよくおこすので

で、九手目。
きっと回ってくるんだろうなぁ~とか思っていたら、本当にきちゃった足首です。
今回のロボ、全高が1/100のガンプラくらいあるのですが、そいつをしっかりと立たせなきゃいけないとあってプレッシャーは過去最大でした(泣
出来上がった足首は↓こんな感じ。
lrs903.jpg

そんでもって組み付けると・・・・・

【More・・・】

↓こんな感じ。
lrs901.jpglrs902.jpg

自立出来ました(よかったぁ~
実はロボ自体の重量と関節強度が結構ギリギリです。
今回、僕が下半身パート組むのが多かったので自分のせいなんですが・・・
足首の前後可動も当初入れていたのですが、確実にぶっ倒れるのと脛から下のバランスが破綻してしまうので今回はオミット(腰を入れたポーズでもブリッジ状態の転倒をしてしまうので・・・
というわけで、素立ちがキマればいいやと割り切る(逃げる)作戦です。
股裂き防止にゴムタイヤも忘れずにw

実はもう一つ転倒防止策を講じております。
lrs921.jpg

コレが無くとも自立は出来ますが、放置しておくと股関節を軸にひとりジャーマンスープレックスしてたりします(見易い様に赤を使いましたが、実際は黒で組んでます

ここまで進むと手持ちのパーツも底をつくわけで・・・・・・
lrs920.jpg

肩のアーチパーツがありませんでした(泣
かろうじて黒があったのですが、やっぱり色が溜まるなぁ・・・(izzoさん、申し訳ないです
さらに・・・・
lrs918.jpglrs919.jpg

我が家にはスコップが4本ありませんでした(泣
足りない分をセンサーっぽくしてお茶を濁してみたり・・・(Mokoさん、申し訳ないです
あと、一カ所気になるところがあったので、ちょこっとアレンジ。
lrs916.jpglrs917.jpg

バックパックと胴体の接続部ラインを逆スロープに変更してみました。


各部、再現しきれていない部分があるので完成とは言い難いですが、完成版は統括を兼ねてizzoさんにお任せしま~す(無責任でホントすみませんm(_ _)m

九手目(足首部)のインストはBrickshelfのコチラに置いてあります。
解りづらい部分があれば、お問い合わせ下さい。

<お詫び>
前回の自分のパートでキャノン部先端の組み方が間違っておりました。
こちらの記事を見て組まれた方ならびに制作者のMokoさん、謹んでお詫び致しますm(_ _)m
正しい組み方の参考は、問題の記事中のMokoさんのコメントのURLリンク先をご覧下さい。
スポンサーサイト
EDIT  |  17:50  |  LEGO ROBO SESSION  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。